Art & Story

何気ない暮らしが山や森林と融合した自然の風景になる

夢の世界で、自分だけの、どんな風景、自然が描く世界に感動

イタリア、カマッジョーレ地方の美しいもや

の端から清々しい輝きを放ち始めながら昇り始める太陽。波のかなたで空の青と溶け合う海に沈もうとしている夕陽。

絵画でも写真でも、自然の風景には気持ちをさわやかに、そして穏やかにさせてもらえることが多いですね。それは人の力や想像を超えた自然だからこそ描くことができる世界に触れる感動かもしれません。

ときには日々の何気ない暮らしが山や森林と融合した場面が自然の風景になることだってあるでしょう。自然の風景だからといって、人間がその一部になっていたとしても少しも不思議ではありません。人間だって自然の一部なのですから。そんな景色で思い浮かべるのはこんな景色かもしれません。

雪のやまぎわ、ミニマルな風景

「雪の朝二の字二の字の下駄の跡」

何ともほのぼのとした雪の日の朝の光景が浮かんできます。大自然はもちろん素晴らしい風景ですが、身近に目を転じてみるとこんな自然もあちこちにありそうです。雄大な自然と身近にある風景。それぞれにそのよさを改めて探してみるのも楽しみです。

机の片隅には旅の思い出。部屋の壁には自然をテーマにした写真や絵画。季節ごとに雰囲気を変えてみれば、同じ部屋がまったく違って見えるかもしれません。中にはまるで夢の世界のようなオーロラや、入り組んだ北欧のフィヨルド。

牧草ロールベールを運ぶトラクター、農場の風景

空と海以外は何もない大海原。見たい景色、憧れの世界はどんどん広がっていくことでしょう。夢の世界で、自分だけの、どんな風景を描いてみたいと思いますか。

Back to top button